• ホーム
  • 地域環境による肌質の変化

地域環境による肌質の変化

スキンケアをしている女性

同じくらい美容に対する意識の高い人であっても、住んでいる地域環境によってお肌の状態にはかなりの差がでてきます。
よく秋田美人といいますが、その言葉どおり、秋田のように高い緯度の場所にあり日照時間も少なく、紫外線にあたる機会も短い地方のひとは、お肌へのダメージも最小限に抑えられるのでシミやシワもすくなく、まさに美人が多いのです。
ですから秋田美人とは言葉だけではなく科学的な裏付けもできる言葉なのです。
一方で紫外線も強く熱い南の地方だと紫外線ダメージをたくさん受けてしまうため、シミも多いですしシワも深くなるといわれています。
美容ツウの間では有名な写真があり、顔の半分だけシワがひどいという写真ですが、この原因は車に乗っていて顔の半分だけに紫外線を浴び続けたドライバーの顔の写真なのです。
ですからシミもシワも防ぎたいなら、紫外線による光老化がいちばんこわいものなので、とにかく日焼けを防ぐことだ美容にとっては第一です。
とはいえ、住んでいる地域をいきなり美容のために変えるわけにはいかないひとがほとんどでしょうから、あとはスキンケア化粧品やサプリメントなどで対策をとっていくしかありません。
最近ではサプリメントの効能も上がってきていて、効果が高いものは口コミでもすぐに広がり公式サイトでも手に入らないものもあります。
たとえば果物を日持ちさせるために使われた成分を応用しているポーラのサプリメントは、入荷したとしても数点で手に入れることがとても難しくなっています。
人気のサプリメントは手に入らなくてもビタミンCやシステインなども日ごろからとっておけば新たなシミの発生を抑えられるので美白をしたいひとにおすすめです。